ちー's Log

元転勤族の主婦が、転勤×パート×在宅ワークで得たことを伝えるブログ

MENU

【転勤妻あるある】転勤族の妻は大変?

こんにちは! ちー(@daracchi_life)です。

 

主婦の中には、「パートナーが転勤族」という方も少なくありません。

かくいう私もそう「でした」。(現在の夫は転勤の可能性が少ない職業です)

 

そんな転勤族の夫を持つ転勤族妻の苦労は、計り知れないもの……。特にお子さんが生まれていれば、なおさらのことですよね。

転勤妻として苦労したことを思い出しながら書いてみます。

 

転勤妻あるある①:突然の引っ越し

 

「3週間後に〇〇(めっちゃ離れた場所)に転勤になった」

 

まさに”青天の霹靂”ともいえるこの言葉、転勤族のパートナーがいる女性なら、いちどは経験があるのではないでしょうか?

 

ちなみにこの「3週間後」は実話です(無茶苦茶すぎる)。

 

一般的には1ヵ月前~3ヵ月前ぐらいに告げられることが多いのかな、と思いますが、告げる夫の顔も私の顔も死んでましたね。

転勤自体は全国展開チェーンのサービス業や販売業、飲食業などに多いですが、家族の都合や事情も無視!の非情な転勤辞令。無慈悲すぎです。

 

転勤妻あるある②:家探しどないすんねん問題

先述のとおり、我が家では3週間後に転勤してね(にっこり)という悪魔の辞令が下ったのですが、そこでまずぶつかるのが「家探し」。

 

夫の元勤務先の場合は全国転勤有り+家賃補助有りということもあってか、提携の不動産屋さんで転勤先に近い場所の物件を紹介してもらいました。

 

ただし、転勤先が新幹線の距離、かつ日数の猶予がなかったため、内見はできずじまい……。

もらった写真はFAX出力のガビガビモノクロ写真しかなかったので、ネットで検索。

部屋の写真を見て想像力をフルに働かせました!笑

入居してみるとやはりいろいろと不満が出たので、「内見行って判断したかったな~」というのが本音です。

 

転勤妻あるある➂:子どもの幼稚園・小学校

最後に転勤が決まったころ、子どもは幼稚園の年中さん。年少の頃に比べてたくさんのお友だちができ、「もうすぐ年長だね~」って言っていたころでした。

 

そんな折に転勤・引っ越しとなったため、幼稚園の転出手続きや転園先の絞り込みなどでバタバタ。

そもそも、引っ越す場所・家が決まらないと、転園どころじゃありませんよね。

 

もともと通っていた幼稚園は私立だったため、払い済みの入園金や制服などもすべて無駄に……。

また、引っ越し先幼稚園はすごくいいところだったのですが、通園バスがなく徒歩通園のみ・毎日お弁当の園だったので、正直ツラかったです。

 

転勤妻あるある④:仕事どうすんねん問題

わたしは転勤前、全国チェーンの飲食店でパートをしていました。

 

仕事はハードでしたが人間関係もよく、マイペースながらも頑張って働いてたのですが、転勤で突然辞めることになってしまい。

店長には「旦那さんが転勤有りってきいてたからしょうがないよね」って言ってもらえたのですが、申し訳なさ過ぎて……最後の勤務日までの間はとてもつらかったです。

 

この問題はパートも正社員もぶつかることだと思います。

やりがいや目標を持って働いていた女性が、辞令ひとつでキャリアが突然絶たれてしまう。これが転勤妻のいちばんつらいところかもしれません。

 

転勤妻あるある⑤:お金がかかる!!!!

転勤は本当に!! お金がかかる!

 

転勤の場合、引っ越し代は会社持ちになることも多いかもしれませんが……

  • 引っ越し前の不用品処理(粗大ごみなど)
  • 引っ越し前のお礼の品、引っ越し先のご挨拶用の品の購入代
  • 引っ越し先での生活用品や食料、日用品、家具などの購入費用
  • 幼保の入園金や制服代、持ち物などの購入費用

これらがまとめて出ていきます。恐ろしいですね!!

 

幼稚園に入る前の引っ越しなら、子ども関係の費用はほとんどかかりませんが、食料品を買い直したり、持ってきたはいいもののサイズの合わない家具や生活用品を買い替えたり……とにかくお金がかかります。

転勤がなければ発生しなかったであろうお金が出ていくのは、すごくむなしいです。

(家具の買い替えはちょっとテンション上がることもありますが、お財布は軽くなる……)

 

 

転勤族の妻は「家族が一緒に過ごせるのがいちばんいい」として、いろいろなものを捨てたり、形を変えながら頑張っているのではないでしょうか。

(わたしはかなりの面倒くさがりなので、自画自賛するわけではありません!)

 

このブログを通じて、転勤族の妻の皆さんの力になれたらいいな、とひそかに思ってます。

にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ
にほんブログ村